July 2004

July 13, 2004

恐竜の末裔

08f28715.jpg
ivyです。
ベランダに雀達が今日もきました。
にぎやかに喧嘩をしたりしています。
鳩は絶対にお断り!なのですが、なぜかかわいい雀君たちはフリーパス。だんだんなれなれしくなってきて、家の中まで入ってくることもしばしばです。

下の写真は週末の新聞で見つけたもの。出来損ないの鶏ではありません。羽毛を持った恐竜の一種オヴィラプトルです。一億年くらい昔には、巨大な姿のこんな恐竜がこのあたりをうろついていたのかもしれないなんて考えると楽しくなります。

そして月日は流れ、その末裔が我が家のベランダを訪れる雀たちなのかもしれません。 そういえば足の先など、面影がありますねー。 

ベランダの花達も原種はどんなものだったのかと、
ときどき空想しています。やはり、住まいは人間だけではなくて、いろいろな生き物と共存できるほうがいいな・・・と雀をみながら考えたivyでした。

恐竜

igokochi1 at 09:26|PermalinkComments(0)

July 12, 2004

未来都市?

8fd82982.JPGcelloです。36、37℃といったうだるような暑さが続いた先週、土曜日の朝に熱帯のスコールのような通り雨のあと、一気に気温が下がりました。

週末の運動で、ベランダに置いた自転車を出してきて、今度は淀川の河口へ、、、、

河川敷のサイクリングロードを毛馬の堰まで走りましたが、前輪の空気が少しユルそうなので、中崎町のお気に入り自転車屋で空気注入、梅田の中心を通って此花区ぞいに舞洲(まいしま)を目指しました。

九条の商店街を抜けて、夏祭りの神輿と出会ったり下町情緒の残る狭い路地を通ったり、そしてユニバーサルスタジオ脇の未来都市のような界隈を通ったりと変化に富んだ道行きです。

舞洲に着いて最後の極め付けがこの建物。久しぶりに見ました。
オーストリアの著名な建築家デザインのゴミ処理場です。

評価はノーコメントです。



igokochi1 at 22:46|PermalinkComments(0)

July 10, 2004

異国の夕食

多国籍料理

すごい雨でしたね。Fです。

押し入れの整理をしていると以前トルコ旅行のお土産で買ってきたトルコ料理本(なぜか日本語版。笑)がでてきました。そこで鳥と野菜の煮込み料理に挑戦!塩胡椒ににんにく、のシンプルな味付けでとてもヘルシーな一品です。
1時間ほど煮込んで鳥がとろとろになって、野菜もほろほろ!!我ながら絶品!

添えたのはクスクス。デュラムセモリナの粉です。これがまた癖になる味。ちょっとバターを溶かし入れて。クスクスはモロッコ料理ですね。

冷やしたビールと一緒に。
暑い夏の異国の夕食を思い浮かべながらの楽しい一時でした。





igokochi1 at 22:21|PermalinkComments(0)

July 09, 2004

占拠されり

ねこ1
jaです。本当に暑いですね。感覚的には「暑い」を通り越して「熱い」と言ったところでしょうか。

最近ガブリとは違う猫がどこかで子猫を産んで、しばしば遊びにくるようになりました。子猫は三匹。もう可愛くて仕方ありません。罪なほどです。

我が家のテラスには籐製のテーブルセットがあるのですが、この三匹の小悪魔のアスレチックジムと化しています。ガリガリと爪を磨いだりしても、「何てことを」と目尻を下げながら言う始末。駄目です。骨抜かれています。

写真はFが考案した猫釣り。お手玉のようなものに紐を繋ぎ、テラスに投げて小刻みに動かすと面白いように反応します。たまに親猫も釣れます(笑)

夜行性の猫は夜通し遊んだらしく、翌朝テーブルの上で堂々とお休みになっていました。何だかテラスに出るのが気が引けるぐらいに。かくして我が家のテラスは一時的に占拠されたのでした。

ねこ2



igokochi1 at 23:34|PermalinkComments(0)

July 08, 2004

レトロな味のアイスクリーム

d01b3671.jpgivyです。
大阪中央区のオフィス街の中に、ちょっと不思議な喫茶店があって、前を通るたびに気になっていました。

いつもいつもアイスクリームを買う行列ができているとても古くて今にも壊れそうな焙煎コーヒーの喫茶店です。 常連さんが多いのでは・・・といった雰囲気でちょっと入りにくかったのですが、いつも気になっていました。 観察していると、アイスクリームは最中に入れてくれるらしく、それを新聞紙で包んでお客さんに渡していました。

暑い昼下がり、時間調整のためにコーヒーでもと思っていたので、お店の中に入り、コーヒーとアイスクリームを試すことに決定。いよいよ初めて入店。といっても、ただ喫茶店にはいっただけなのだけれど。

大正2年の創業で、店舗は昭和2年当時のものとの雑誌記事の切り抜きがありました。おじいさんの雰囲気やお店の中は本物のレトロ。アイスクリームも昭和初期の味(知らないけれど、たぶん)。

今流行の昭和レトロ風なんてものではなく、ここだけ時間が止まっていたようで、強烈に本物のレトロでした。
自分のスタイルを守っていくのは難しいけれど、流行に流されないのはかっこよくて、ときには憧れのスタイルのモデルになることもあるのだなと思いながら、コーヒーを楽しんだivyでした。


igokochi1 at 10:42|PermalinkComments(0)

July 07, 2004

大阪ドーム

22e1a5b1.JPGこんにちわcelloです。

スポーツや野球にはあまり、興味のないcelloとivyですが、好奇心と野次馬根性(同じかな?)は人一倍で、、、、ということで、日曜日には思いつきで
大阪ドームに行ってきました。

もちろん、近鉄、オリックスの三連戦最終日とこのブロッグを使わしてもらっているライブドアの社長さんを見に行くためです。

試合は一点を争い、逆転、逆転の好試合でした。バファローズが意地で8回にタイムリーで逆転、、となかなか手に汗握る展開でありました。

しかし、一塁側の観客の視線は外野席の一点の渦中のひとに集中。

私たちの後ろの席のおばさんはバファローズのチャンスのたびにコテコテの応援をしていましたが、「社長さんどこ?社長さんどこ?」
と繰り返し、ど根性で応援バットに堀江社長のサインをもらって来ていました。


いろいろな見方、意見の渦巻いているこの合併・買収問題ですが、しばらく興味深々で眺めていようと思います。
bat

igokochi1 at 07:59|PermalinkComments(0)

July 05, 2004

夕飯ネタ

タイ

Fです。最近忙しくて麺類ばかりつくっていたので、今日は安くておいしいタイのアラ料理をつくりました。

味付けはお酒と塩と香り付けにごま油。お鍋でくつくつと蒸し煮にします。姿はグロテスクだけど・・・すんごいうまい!!お酒のうまみがタイに絡んで、なんともいえないうまさです。お酒好きの人なら絶対一杯ってな感じでしょう。

しかも激安。笑

さっぱりしてるので、夏でもおいしくたべれます。付け合わせはエリンギ。キノコ類やネギ類を一緒に入れてもおいしいですねー。

一度お試しあれ。

igokochi1 at 23:39|PermalinkComments(0)

July 04, 2004

我が家のスイーツ。

FLAT(エフラット)のロールケーキ。スーペルうまい!jaです。この週末はのた打ち回るほど暑かったですね。我が家も遂にクーラーをつけてしまいました。夏バテするので、なるべくクーラーはつけたくないのですが…

以前Fが僕を置いて食べに行ったFLAT(エフラット)のロールケーキ、買ってきました。最近人気爆発みたいで、2週間先まで予約が埋まっているとか。去年までは午前中に行けば買えたのですが、何とも凄い話です。

大人な我々はプレーンとチョコを1本ずつ、ざっくり切って大人食い。アイスカフェオレ片手になかなか幸せなひとときでした。ただ、そのとき見ていたのがレンタルしてきた「マイケル・ムーアの恐るべき真実」!

…家カフェはおしゃれになりきれませんね(笑)

igokochi1 at 23:03|PermalinkComments(0)

July 03, 2004

朝日を見ながら出発。

06fc658e.jpgivyです。
東京まで、一泊で出かけていたので昨日はblogを書けませんでした。
いつもは夢の中にいる時間、4時30分過ぎに家を出発。しばらく走ると朝日が上ってきました。毎日毎日繰り返されているはずの景色なのに、久しぶりに見るとかなり新鮮に見えました。
国道一号線は、トラックがいっぱい。 あ〜、私の寝ている時間にもこんないたくさんの人が働いているんだな・・・と認識を新たに。 そして第二京阪に乗ると誰も走っていない! 車っ子ひとり走っていないのはなぜだ!!!
でも気持ちがいいードライブができました。 夜更けの方へシフトしがちな生活パターンを前倒しして、たまには夜明けの時間をたのしむのもいいものです。 夜明けの第二京阪は誰もいなくて、ハイスペックのすばらしい高速道路を独り占めできます。 恋人やパートナーとのちょっとシュールなデートにいかがですか? 

行きはよいよい、帰りは怖い!!!という童謡がありますが・・・、帰りはクーラーが壊れて暖房しか入らず、汗が目に入り、ハンドルはベタベタ。
いろいろな体験をしたドライブでした。asa

igokochi1 at 20:48|PermalinkComments(0)

July 01, 2004

静かな朝

449bcef4.JPGてんてこ舞いの毎日ですね。でも、よる年波に早起きしてしまうcelloです。

スローライフという言葉が流行り、そんなライフスタイルにあこがれてしまいますが、スロー・ビジネスというのはどうでしょうか? 形容矛盾ですね。ビジネスというのは直訳すれば「忙しさ」になるのですから、、、

でも、忙中閑あり。ふっとあいた時間も、それなりに楽しめるようになりたいものです。

淀川沿いには大阪や神戸の大学のボート部の合宿所がいくつかあります。静かな朝ですが、五時過ぎに練習している人は、おそらく全力でオールを漕いで息が切れているのでしょう。

でも、そんなことは14階から眺めるとわかりません。鏡のような凪いだ水面に音もなくボートが滑ってゆきます。




igokochi1 at 20:59|PermalinkComments(0)