June 2006

June 30, 2006

間取りの話(2)

celloです。

今日も『「間取り」の世界地図』の話の続編です。京都には少なからず、ご縁があるのですが、最近はあまり行くことがなくて夷川通りのアンティーク家具のお店とか、とんと、ご無沙汰です。

このあたりは雑貨やインテリア小物、オリジナルのしゃれた収納グッズの店が点在していますが、御所の前に京都地裁があり、弁護士事務所のひしめいている法曹界御用達の街でもあります。
ちょっと、ほろ苦い記憶があり、足が遠のいているのです。

町屋京都の町は平凡な表現ですが「懐が深く」、どこに何が潜んでいるのかが分かりません。

とにかく足を使って探訪しないと話にならず、、、いいえ、所詮、「よそさん」の私たちでは紹介(=情報)がないとホンモノに出会えない街です。そんな京都の町も、自転車でめぐるといろんな発見があります。平らな京都の町は自転車向きだったりするので、、。

最近は、町屋のコンバージョンとかけっこう盛んでカフェやエスニック料理のレストランになったりしているので、たまに行くと中の間取りを見れることもあって興味しんしんといったところです。

町屋のつくりは、通りに面した玄関の脇の部屋が「店」になっていて、「店」は「見世」であり、表の通りから中が見えます。商売をやっていなくても、その地元のコミュニティとの接点のような、半分「オモテ」の空間です。そこから、中の間、座敷と進んで、段々プライベート度が増していく、、、というのが間取りの流れですね。

・・・・と、ここまで書いていて思い出すのが、piggyさんのダッチコロニアルの家です。同じスタイル・・・・。

これはイギリスの古民家も同じだったような、、、つまり廊下がなくて細長い建屋に部屋がいくつも続いていて、そのどこかに家族が集まっている部屋があるという家です。イギリスの村も京都のように路地が入り組んでいるので、迷い込んでしまうと、突然よその家のお茶の間の横を通ってしまったりしました。世の中、いたるところに居心地空間あり、、、ですね。

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪




igokochi1 at 21:27|PermalinkComments(0)

June 26, 2006

間取りの話

   celloです。

間取りの世界地図以前から、買ってあって積読(つんどく)だった『「間取り」の世界地図』という本を週末に読みました。

いろいろと、なるほど、と思わせることが書いてありました。

                 --ooOOoo--

Q; ニューヨークの高層のマンション・コンドミニアムなどでは、なぜ北向きの部屋に人気があるのか?


A; 南から北を臨むと、日のあたる景色がくっきりと見えるため。
   直射日光が差し込まず、家具が焼けないため。


と、いうのは一例、、、時代ごとに住居の間取りは変わり、国によっても当然、住まい方の文化が違うので間取りは大きく変わります。


最近のアメリカの家は住宅バブルで、寝室+ライブラリで40畳とか、サウナ、バー付き、さらにジム付きのバスルーム50畳とかすごいのがあるそうです。

そんなアメリカの巨大な住まいも、結局、家族が大半の時間を過ごすのは、キッチン脇のヌック=朝食用の食卓だそうです。

で、 なぜ、そうなるのかというと、フォーマルダイニングにはテレビはなく、テレビを見ながら食事をして、そのあともだらだらできるのはヌックだからという理由なのだそうです。

日本の家でもお茶の間のテレビの前でごろごろする、、、あるいはマンションだと狭いので結局食卓とかでテレビが見えるとずっとそこにいたりして、家の広い狭い、間取りの単純、複雑はあまり関係がないのかな?と感じたりします。

アメリカの家は、ちょっと大きめだと4000スクエアフィートぐらい、だから400崋紊任垢諭でも家での過ごし方は案外日本とそんなに変わらないかも・・・。

この本の最後には六本木ヒルズの300屬離泪鵐轡腑鵑隆崋茲蠅盧椶辰討い泙靴拭

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪




igokochi1 at 16:31|PermalinkComments(6)くらし 

June 23, 2006

Ivylodgeの屋根裏部屋

ivyです。

屋根裏部屋3イギリスの家の話、第2弾!

この前紹介したイギリスの家の名前は、Ivylodge。 この家の2階は屋根裏部屋になっていました。写真は小さなゲスト用のベッドルーム。屋根の傾斜があるので、外壁に面した壁は斜めです。写真のように内側の柱も斜めに通っているものもあります。壁は漆喰の凸凹塗り!

床はまっすぐではないので、ベッドは水準器と雑誌で水平に置きます。

屋根裏1

2枚目の写真は日本から遊びに来た友達と。ベッド周りのものは、ローラアシュレイ風の布地を地元のお店で買って縫いました。キャノピーも、透ける布を簡単に天井からつるして止めただけです。

イギリスは天気の悪い日も多いのですが、かなり強い雨が降っていても、分厚いわらぶき屋根なので、音がほとんどしません。窓の外を見て、初めて雨に気がつくことが多いのです。家の反対側の丘に登る道が、雨で光っていたことを良く思い出します。

 

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

 励みになってます!クリックお願いします♪




igokochi1 at 23:55|PermalinkComments(2)日記 

June 21, 2006

キッチン塗り替えました。

実はキッチンを塗り替えました。
DIY初期に余ったペンキでとりあえず塗ってから
放置していたキッチンはインテリアに合ってなくて、
いつか塗り替えよう、と思ってたのです。トビラグリーントビラブルー

 

 

 

 

 

 

 

リビングのクロゼットとドアの色に合わせて
鉄紺色。(ラルフローレンのパッケージ色のイメージ・・・)
なかなか同じ色は出せないだろうと思い、
ホームセンターで調合してもらいました。

ちゃちゃっと適当に塗ろうと思ったら、
なんと塗料が一度塗りようじゃなかったんですね。
はじいてはじいて結構苦労しました。
しまった〜。ヤスリかければよかった、とちょっと後悔でしたが、
出来上がりは許容範囲。(Fの範囲はとっても広い♪)

以前付けかえた取っ手が合わなくなりました〜。
居心地で扱ってるこの取っ手に付け替えようかな、と
考え中です。取っ手

 

 

 

 

ダークな色って写真じゃわからないので、とりあえず
リビングから見える全体像のbefore、after。ビフォー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと暗めだけど、統一感ができて満足です。↓

アフター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペンキは簡単にイメージ変わっていいですね♪

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪



igokochi1 at 23:54|PermalinkComments(9)

June 20, 2006

夏のテーブル

久々のホームパーティ、もちろんテーブルも凝るぞ〜!と、
夏らしくセッティングしてみました。

花は季節の紫陽花。庭に咲いているのを少し、拝借しました。
組み合わせも庭に咲いてるハーブやらアイビー、白妙菊などなど。
Fは花を生けるのが大好きなので、庭には切花に使えそうなものを植えてるんです。
まだまだ紫陽花の色づきが若く、グリーン、白、薄いブルーで
とても涼しげなアレンジになりました。アジサイ

 

 

 

 

 

 

 

 

紫陽花に合わせてテーブルセッティング。白のクロスに青いランチョンマットを
合わせました。うーん。いい感じ!!この黒のゴブレット、お気に入りです。
以前ニースの友人宅を訪れたとき、日常でもテーブルを食事用にセッティングする
文化を見て、ちょっと真似してみたくなったのです!テーブル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で・・・、本番。結局テーブルには着かず、カウンターに料理や飲み物を置いてセルフに。笑
これはこれで楽しかったな〜。みんな好きなところに座って。飲んで食べて!!
やっぱりおもてなしは気楽に、がいいですね♪

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪



igokochi1 at 22:53|PermalinkComments(8)インテリア 

June 19, 2006

イギリスの家

イギリスの家4ivyです。

celloとivyがDIYでマンションのリフォームをやるきっかけとなったイギリスの家のことを、今日はちょっと紹介しますね!

アメリカからイギリスへの転勤と言う、変則的なかたちでの移動だったので、まず落ち着いた家は会社の人が手配した仮の家でした。

落ち着くまもなく、オフィスが離れた街へと移転することになり、私一人で家を探しに出かけました。 探してくるからね〜〜と出かけたものの、見知らぬ街で列車を降り立ち、全てが?????

とりあえず新聞を買って、不動産屋さんの広告を見ながら、まったくのあてずっぽで「この不動産屋さんへ行って!」とタクシーに乗り行ってみました。

イギリスの家5そこで出合ったのがこのお家! 築350年ほどの茅葺屋根の家です。 写真の上にsold out!と書かれていたのですが、「あんな家に少しの間でも住んでみたいな〜!」っておしゃべりしたら、「あれ、キャンセルになったの・・・。オーナーがまた賃貸にするつもりがあるか聞いてあげようか?」というではありませんか。 なんでも言ってみるものだ!!!

というわけで、次の週末celloといっしょに再度たずねたら、celloもすごく気に入ったので、借りることに。 

でも、この家は、実は問題だらけなのです。

まず、この家の床は水平じゃない。2階などはメチャクチャで、以前住んでいたオーストラリア人は、低い方を頭にして寝ていたので、頭に血がのぼってしまい、いやになって出ていったらしいのです。こんなことは簡単に解決! 水準器を使って、水平になるまで、古雑誌をベッドの下に押し込めば問題解決です。

むちゃくちゃ問題の多い家ですが、太い梁のチャーミングさが、この家の魅力。 太くて、木が曲がっていて、斧のあとがついていて、長い歴史を見てきた梁、そして曲がった柱や暖炉の魅力に引かれてしまい、隙間風も、古い水周りの不便さも、たくさんの欠点も承知の上で、5年半をすごしたのでした。

帰国しても、あの梁が忘れられずに始めたのが、DIYリフォームだったわけです!

 

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪




igokochi1 at 23:55|PermalinkComments(6)

June 18, 2006

南の国のクリスマスツリー

celloです。
 
 
蛍2先週は忙しく、週末は休息モードです。買い物に出かけた近所のデパートで、暗い催し会場で蛍を見せるという企画をやっていたのでのぞいて見ました。真っ暗闇の中で金網を貼った空間の中で20匹ぐらい(ほんとは1000匹くらいいるらしい)の蛍が舞うように飛んでいました。
 
飽きずに眺めていると、ふと、昔仕事で行った、マレーシアのことを思い出しました。
 
そのときの仕事はまだ、経験のないマレー半島の南端近くのコタ・ティンギという場所で言葉のよく通じない華僑のスーパーバイザー(監督)との共同作業でした。
契約で食事の世話はプランテーションのオーナーの中国人が面倒を見てくれるころになっており、一週間ほど毎晩、円卓を囲んでの食事でした。
 
ほたる3まったく言葉の通じない相手と昼、夜と毎日の会食はきついものです。お互い相手に大変興味があるのですが、悲しいかな、会話が成り立ちません。
こんな状況で監督のチュワさんはオーナーの相手をしてくれ、何とか手振り身振りと片言の英語で助けてくれました。
 
なんとか、仕事が終わって最後の晩にお礼の食事会をチュワさんと日本人だけでやりました。仕事がうまくいったときの打ち上げは楽しいものです。
そろそろ、時間が満ちてきたころチュワさんは少し席をはずし店の女性の主人と話をしていたと思うと、涼みに川をクルーズしようと言い出しました。
 
店を出ると、前の川の船着場に小さなボートがあり私たちはほろ酔い気分で川を下ってゆきました。少し走ると町を抜けてジャングルに入るので
完全な暗闇です。どこまで行くのだろうかと不安になってきたころ前方にぼんやりと明かりが見えてきました。
 
だんだんと近づいてくるとそれは何本かの木がイルミネーションされているように万の単位のと蛍がびっしりと張り付いていてその周りを飛び回っているのでした。チュワさんはクリスマスツリー、クリスマスツリーと連呼し、私たちはただひたすら感激していました。言葉が通じないゆえになんとか、こちらを喜ばそうとしてくれる気持ちがただただ、ありがたかったことをよく覚えています。
 
 

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪




igokochi1 at 21:09|PermalinkComments(1)日記 

June 15, 2006

DIYコンテストが消えていく!!!

ivyです。

diybook1最近、力をいれたDIY、それほどやっていないな・・・。ところで、もし、もしも、すばらしい作品ができたならどんなコンテストにだそうかな〜?と夢想、というか妄想していました。

そこで検索してみたのですが、結果にビックリ! いままで知っていたDIY関係のコンテストが軒並みなくなっているのです・・・。なぜだ!なぜなんだろ〜〜〜!!!と悲しくなってしまいました。とりあえず、出品予定はなくても、これは由々しき事態では!と思ったわけです。

たとえば、ハンズ大賞。平成16年募集平成17年発表分までしかないのですが、去年はなかったのかな?なぜでしょう・・・。 手作りってはやらないのか?ハンズ大賞なくなったのかな????

diybook2そして、日本のDIYの本家。日本DIY協会のDIYコンテストの応募要綱を見に行ったら、『継続実施してまいりましたDIYグランプリ「写真によるDIYコンテスト」は、事業活動計画の見直しにより、平成18年度の実施は中止とさせていただきます』ってある。えぇ〜〜〜〜!!!ウソ!

それではと、関西に多いコーナンのサイトへ。たしかDIYのコンテストがあったっけ・・・と思ってさがしたのですが・・・・・・・ない・・・。

DIY、コンテスト、日曜大工etcで検索してもな〜〜〜い。

DIY好きのみなさん、どうしてなんでしょう。DIY人口が減っているのか!

ロハスな生活とか、スローライフとか騒いでいるわりには、とっても寂しくないか!この状態!

たとえ応募しなくても、とっても残念です。 写真とかはコンテストだらけなのに、どうしたのでしょう、DIYを普及しようとする団体や会社の方々。どうか、ひとつでもふたつでも復活させてくださいませm(__)m と思う梅雨の一日でした。

 

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪




igokochi1 at 23:38|PermalinkComments(7)

June 13, 2006

ホームパーティ開きます!

Fはホームパーティ大好き!いっぱい美味しいもの作って飲んで食べて
おしゃべりして。そういう暮らしがしたくてDIYを始めたのかもしれません。準備中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前は週1で誰かが家に来ていたのに、
仕事をしてたころはあまりの忙しさに、人を呼ぶこともなく、家も庭も荒れ放題。
気が付いたら2年経ってました!暮らしを楽しむ余裕を完全に無くしてしまってました。
久々に開いたクリスマスパーティでおもてなし段取りが格段に落ちていて愕然・・・。

で、今は暮らし方リハビリ中なのです。が、・・・・なんと前の職場の仲間がお見えになる!!
インテリアコーディネーターの一団に設計士とか・・・。ひえええええ。
インテリアのプロがうちに来るなんて冷や汗もんです。笑

ちょっと緊張するけど、皆良い人たちだから大丈夫!おもてなしってカッコイイよりも
楽しいな、居心地いいな、と感じてもらえたら成功です!

メニューを考えて、前日に作るもの、例えばサラダとか、冷たいものとか。
当日オーブンに入れるだけのものとか。
熱々で出すものとか・・・。段取りを考えたらお買い物です。

さてさて。今夜あたりから用意しなくっちゃ。せっかくだからテーブルコーディネートも
夏らしくしたいですしね〜。よーし。やる気出てきた!

皆さんはどんなホームパーティをなさるんでしょうか??

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪



igokochi1 at 21:02|PermalinkComments(16)インテリア 

June 12, 2006

居心地ドットコム、とりあえずのリニューアル

ivyです。

リニューアル居心地ドットコムのサイトリニューアルは、一進一退で、あーでもない!こーでもない!ああだ!こうだ!とメンバーの話し合いが続き、ようやく一応形ができてきたので、本日午後アップロードしました。

右のコラムには、DIYの参考になる選りすぐりのブログの最新アップ情報が掲載されるようにFが工夫しました。

詳細のページの写真を大きくしたり、新しいコンテンツを加えたり、、、とかの作業も続けて行きますが、とりあえずのアップロードです。

この週末はリンク張りとサイトの調整に明け暮れ・・・、ホームページビルダーの私の古いバージョンでは、一ヶ所デザインを直すと、全部のページをちょこちょこと直していかなくてはならないのでちょっと疲れた。やっと、ほっと一段落!今から、ずれこんだ週末ということで、休憩モードに入ります!

            ☆  ★  ☆

6月の初旬に日刊ゲンダイに出た紹介記事もゲンダイネットに転載されています。、、、、、

あ〜ぁ、本名で出てしまったcelloとivyでした。

 

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪




igokochi1 at 18:23|PermalinkComments(12)サイト紹介