July 2006

July 31, 2006

収穫!

ベリー今日は涼しい風が吹いていて、家にいてもなかなか快適でした。
長雨で心配したのだけど、庭に出てみると
ブラックベリーがたわわ!!っといっても去年に比べて、だけど。

大量に採れるわけではないので、真っ黒に熟れた実から採取して冷凍庫へ。順番に収穫すればなんとかジャムにするだけの量が採れるんです。

後一週間もすれば全部収穫かな。
そしたら砂糖とレモンで煮詰めるだけ。

Fはベリーが大好きで、いろんな種類を植えたいと思ってるのですが、
結構大きくなるんですよねー。
敷地が必要です。
今度はラズベリーを植えたい・・・、と思ってる今日この頃でした。ブラックベリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ 

励みになってます!クリックお願いします♪



igokochi1 at 23:55|PermalinkComments(8)ガーデニング 

July 26, 2006

何でもスクラップ

スクラップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インテリア計画って難しく考えがちだけど、まずは真似から!
インテリア雑誌を見るのはもちろんだけど、購入するのは
結構高い・・・。ついついFも立ち読みしちゃいます。

そこで・・・・、タダでGetできるインテリア本!
最近はやりのフリーペーパです。
住宅情報やライフスタイル系のフリーペーバーが
よくコンビニや駅などに置かれてます。

ちょっとでも参考になりそうなディスプレイ写真等があると
持って帰ってきます。最近オススメなのが、
最新マンションのインテリアが割りに大きな写真で乗ってる
住宅情報のフリーペーパーです。
今の流行のインテリアをたくさん見ることができます。

インテリアのプロがデザインしたものがほとんどなので、
家具の配置や、色使いなど、好みのジャンルを超えて
とっても参考になります!

Fが一番参考にしてるのは照明!ほんとは現場を見ないと
解らないのですが、それでもどこを照らせばいいか、の
アイデアが得られます。後はカーテンかな・・・。

雑誌はかさばるので、こうやって気に入ったインテリアだけを
切り抜いて、時間のあるときにスクラップしていくと、
自分好みの一冊ができあがるってわけです。
お試しあれ〜。

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ 

励みになってます!クリックお願いします♪



igokochi1 at 22:12|PermalinkComments(8)インテリア 

July 25, 2006

バトン − お題(古いモノ) −

celloです。遅くなりました。宿題のバトンです。

回してくれた人が指定したことを( )に入れて答えるというルールです。piggy さんから頂戴したお題は、、、『古いモノ』、、、ちょっとで歩いていたので、遅れ、考え込んでしまうとまた遅れで、夏休みの宿題もギリギリ提出、、、(なんにギリギリですか?)


(1)最近思う(古いモノ)

80年代後半からしばらくアメリカで過ごしていましたが、インテリア雑誌はちょうど、そのころカントリー調、今で言うシャビーのハシリのようなトレンドが出てきたところでした。70年代から「進歩だ!」「未来だ!」「新発売!」という流れの中で、何か、違ったことが起きそうな、違う方向に向かっていくような違和感があったことを覚えています。 

しばらくしてバブルが崩壊しました。

「新しいモノ」、「ピカピカの物」に対する価値観も大きく変わったように思います。世の中が異様なスピードで前に向かっていたときは、「古いモノ」は早く、捨て去るべきものであって、「古いモノ」の魅力は一般的には認められていませんでした。昔は最先端だった「70年代モノ」も古くなってきてまた流行ってきたりするのも不思議な感覚です。そういえば、街中のファッションも自分たちが中学生や高校生のころのそのままといった感じで、若くなったような錯覚を感じたり、、、「トシをとったな、、、」、、、と落ち込んだりする落差の大きい今日この頃、みなさんいかがお過ごしですか?


(2)この(古いモノ)には感動!

「True Time Test 」 という言葉があります。新しいモノや、奇抜なデザインのモノは10年も経つと消えてしまう可能性があり、結局時の試練を経て残った「古いモノ」に価値がある、、、という概念ですね。古いアンティークのアイアンの道具とか、、、古民家の梁だとか、、、それが、好きだ、、、とか、何とか手に入れたい、、、という衝動にはそんな「古いモノ」に触れたときの感動から来ているようです。


(3)(古いモノ)のここが好き!

インテリアではないですが、古い乗り物が好きです。70年代の自転車・・・・、今ではマウンテンバイクやロードレーサーなどのカーボンやチタンなどハイテク素材を駆使した自転車が最先端のようですが、昔は、鋼材のフレームに、細かい細工をした、ランドナーとかスポルティーフとかいった工芸品と呼ぶにふさわしい自転車がありました。我が家の前は淀川で、京都や奈良まで続く堤防のサイクリングロードがあり、たまに休みの日には、こんなビンテージサイクルに乗った、年配の人がゆっくりとポタリング(自転車散歩)をしています。

自転車部品フランスにはルネ・ェルスやアレックスサンジェとかのメーカーがかつて有って、まだ最近も営業しているらしい、アレックスサンジェは、日本からの注文も多いそうです。 ちなみに私は、いつの日か、こんな自転車が欲しくて、ゆっくり古い部品を集めだそうかな、、、といったところです。

写真は、パリの蚤の市で見つけたヘッドライト、、、1920年代のものです。

クルマの古いのはキリがありません。しかし、昔の「古いモノ」好きな私は、16年落ち、17年落ちの「中途半端」に「古いモノ」愛用中です。よく壊れるので、面倒を見てもらっているガレージはこの世界の「古いモノ」好き、、、「モノズキ」とも言いますが、、、垂涎の世界です。

Shidlley写っているのは、一見ロールスロイスに見えて、実は違う50年!!落ちの中古車、、、「アームストロング・シドレー」イギリスの航空機メーカーでホーカー・シドレーというのがありましたが、この会社がロールスロイスのエンジンを使っていて??縁があり、ロールスロイスの部品やエンジンを使って作っていたという、兄弟車?です。

戦闘機の会社だけあって、店主の話では、ロールスロイスより「めっちゃ」速いそうです。

この固体の歴史も、京町堀の某社の縁から始まって、一通り聞くと感心してしまいます。クルマも50年生き残るのは大変ですね。

こっち方面は身の破滅を招きそうなので、眺めて、話を聞いて楽しんでいるだけなのです。


(4)(古いモノ)のここが嫌い!

手間がかかること、、新しいものと混ぜられない事、、、捨てられないでたまる事、、、、、、、。


(5)この世に(古いモノが)がなかったら!

イギリスに、スタートレック、超マニアで、古いフラット=アパートを宇宙船のように改造した人がよくテレビに出ていました。ロンドンの下町の中途半端に古風なアパートのドアをあけると、ちょっと前に流行った未来SF、宇宙船・インテリアの世界に突入!!!こんなんも、面白いですね。。。でも、たぶん、やらないでしょう。


「古いモノ」が、なかったら、気が楽なのか、つまらないのか?長〜いテーマですね。

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ 

励みになってます!クリックお願いします♪




igokochi1 at 13:24|PermalinkComments(2)

July 24, 2006

「大阪のひきだし」著者のトークショー

ivyです。

大阪の中心船場、残念ながらかつての賑わいはなくなっています。

大阪のひきだししかーし!いまこの地域をユーザー中心で再生しようという動きがあります。大手のデベロッパーの大資本を投下した再生事業ではなくて、建築物などのストックや、振り向く人の減った川の再利用などなどを通して、まちの魅力をアップしようというもの。

古いビルのリノベーションやコンバージョン、川辺にカフェを期間限定で作るといった活動がずいぶんでてきているんですね。それをまとめたフィールドノートが「大阪のひきだし」という最近出版されたほんです。

この本の著者は、あの有名なArts & Craftsの中谷ノボル氏や建築関係の多くの著書で有名な橋爪紳也氏、そして三休橋筋愛好会というグループの方達。

出版記念のトークショーが大阪のジュンク堂であり、興味があったので行ってきました。

書店の中でやっているので、ふら〜っと立ち寄ったという人が多いと思ったら、そんなことはありません。30ほどの席に座った人はメモをとりながらみんな真剣! かつて、大阪(戦前)の財政が超健全で、全国からうらやましがられていた!!!???という話など、おもしろい話をたくさん聴くことができました。

トークショー船場って、北とミナミの間のかつて栄えたところ・・・といったイメージ。ここには中小規模のすてきなレトロビルやただ古いだけのビルもたくさんがあるのですが、こういったストックを生かして都市に住む人が増え、街に活気が戻ってきたらステキだ!!!と思うのでした。

そんな活動をしている方々、みなさんとても魅力的でした。 大阪は、阪神、たこやき、吉本だけじゃないんだ!というメッセージ、とっても気に入りました。ほんと、大阪には埋もれている魅力があるんですねー。 大阪船場に興味ある人、建築物ストックの利用に興味のある人に「大阪のひきだし」は、おすすめの一冊です。

2枚目の写真はトークショーとサイン会の終わった後で。写真取りにくかったので・・・。

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪




igokochi1 at 11:58|PermalinkComments(2)

July 23, 2006

東京物語4 イケア行ってきました〜

間取りが決まったらインテリア計画。
部屋のつくりと窓から見える庭が少し和風なので、
落ち着けるインテリア、を目指します。

とにかく忙しいであろう東京生活を考えて
部屋はできるだけほっとできる場所にしたいのです。
では和風に揃えるか?北欧系の白木の感じも良く合いそう・・・。

しかし仮の住まい、ということを考えると、家具調度に
お金も掛けられない・・・。
価格とデザイン・・・・そこで浮かぶはやっぱりイケア!!イケア1イケア2イケア3

 

 

 

 

 

 

ついにイケアへ行ってきました!
もう感想はみなさんほんとにいやってほど聞かれてるだろうけど、
びっくりの驚きプライス・・・。
『安っ!やっすうううう・・・。』と大阪人むき出しのF夫妻でした・・・。

今日は下見で・・・、のつもりがどんどんどんどん・・・。
小物をついつい買ってしまいました。

うーん。やっぱりすごいですね。そりゃあ話題にもなりますよね。
入場制限ってほどではなかったですが、やっぱり週末は
混んでました。

ショールームになっているので、イメージが沸かない人にとっても
とてもオススメですねー。

帰ってからちょっと描いてみると・・・・イメージ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりF好み全開な部屋になってしまうのでした・・・。



igokochi1 at 16:38|PermalinkComments(6)インテリア 

July 19, 2006

東京物語 3

さて、物件探しですが、営業さんのイチオシ物件、ということで
見に行くことに。

まだ決まってないので、詳細は書けないのですが、とりあえず。

住宅の玄関がちゃんとあって、大きな梅の木、サルスベリ、はなみずき、
その他ちゃんと手入れされた植栽がとても雰囲気有り!
LDKが10.7畳とちょっと狭いのが難点。他に6畳洋間がひとつ。

中に入ってびっくり!大きな窓から隣の大家さんの
とっても広くて綺麗な芝生のお庭が一望!
1Fには石敷きのテラスもあって、ひさしが長くて
ちょっとしたテーブルなら置けそう!
とっても気に入って、早速インテリア計画。

10・7畳のLDK計画はなかなか難しい。
ここにテレビ、ソファー、本棚、ダイニングテーブル、
こんなのを詰め込まなくてはいけない。
インテリアも大事だけど、まずは配置!
ということで、配置してみました。ドアの出入り口のサイズがだいたい
90センチ弱とみて、家具のサイズを落としました。マドリ

 

うわー・・・・・メモなので、とっても下手です。
アップにしないで下さいね。笑

 

私はキッチンをいつも綺麗に保っておく自信がないので、
隠したい。なので、食器棚をキッチン側に置いて、その裏に
コンパネを貼ってペイント、そこに棚を取り付けて、TVを置ける
ようにしようという計画。・・・・・
つまり簡易壁を作っちゃいます。上は突っ張り棒か何かで
固定して・・・。棚計画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ案段階ですが、あれやこれや考えてるときが一番楽しいですね!

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

 

励みになってます!クリックお願いします♪



igokochi1 at 23:34|PermalinkComments(6)

July 18, 2006

中之島のダイビル本館

ivyです。

ダイビル1打合せの時間まで一時間ほどあったので、前から行ってみたかったレトロビルの中にある喫茶店に行ってきました。

場所は大阪の中之島にあるダイビル本館の一室にある、大阪名品喫茶「大大阪」です。この喫茶店は、かの有名な設計事務所アートアンドクラフトのお店です。

ビルの前はなんどか通りがかりに見ていて、おどろおどろしたファサードの奇怪な彫刻や意匠が気になっていたところです。 

以外にサイドのデザインはスッキリ! りっぱなオフィスビルです。 梅雨空にちょっと陰鬱に重〜い感じもけっこう雰囲気ありました。 

ダイビル21925年にできたビルで、テラコッタタイル風の床、広い廊下、ドア、そして窓の金具、いたるところにあるレリーフ、etc.建物を飾る意匠を見ると、今のビルにはない贅沢さとか重厚さとかを感じます。ほんとに細部をみるのが楽しい場所です。こんなビルで働いている人が、ちょっとうらやましいー!

一枚目写真は、ビルのコーナー。ゆったりとしたアールがシンプルで男性的な感じ。

 

二枚ダイビル3目は正面玄関の上の部分の彫刻。よ〜く見ればいろいろな動物が生息していそう。こういうところに、世界中から集まった神話の中の空想動物が並んでいたりするので、こんどゆっくり観察しなくっちゃ!

三枚目は、正面玄関のホールの天井。豪華絢爛!お〜、ゴージャス!

四枚目は、私設郵便ポスト。すごい!こんなの初めて見ました!

5枚目は、オフィスの各部屋へと通じる細い廊下。この渋い感じが味わい深い。帽子をかぶったおじいさんが歩いていて、まるでタイムスリップしたみたいでした。

 

 

大阪の中心でレトロビルを訪ねるなら、は

 

ずせないビルがダイビルです!

 

大大阪」のコーヒーもお勧めです。大阪本や、建築関係の本がたくさん置かれているのも、興味のある人にはきっとたまらないと思います。

ダイビル4

 

ダイビル5

 

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

 

励みになってます!クリックお願いします♪




igokochi1 at 23:45|PermalinkComments(2)

July 15, 2006

使って楽しい電動工具

ivyです。

電動工具1遅くなりましたが、電動工具研修会で、さわたり使ってみたりした工具の感想です!

今回は、Boschと日立工機の2社がDIYでよく登場する電動工具の一部を紹介、試させてくださいました。 

最初、特別興味が無かったのに、ホ・シ・イと思ってしまったのは、ボッシュのバッテリードライバードリル。リチウムイオンバッテリーで、小さくて軽いのに、とにかくパワフル。

かなりぶっといドリルビットを付けても、ふわ〜っと木材の中に吸い込まれていくのがいい感じ。長いコーススレッドも一気にぶち込めちゃいます もちろんちょっと大掛かりな作業には、インパクトドライバーの強力パワーが必要ですが、私のような非力な女性?だとインパクトドライバーのバッテリーがけっこう重くて、よっこらしょ!ともちあげています。そのてん、この800g小型パワフルドライバードリルなら、作業がとっても楽で、腰につけて作業しても、おしゃれかと思うのですが・・・。うん、きっとおしゃれ!!!

電動工具2日立工機も、いろいろありました。丸ノコや卓上スライド丸ノコとかは、私はちょっとパス・・・。

インパクトドライバーを触ってみました。普通の、でもパワフルなインパクトドライバー・・・でした。

説明ではウルトラマンをデザインしたところにダイナミックなデザインをたのんだとか・・・。 ガンダム世代の男性は好きなのかな〜???ウルトラマン世代も好きなのかな???こういうデザイン??? プロ用が一番かっこいいと思うのだけれど、けっこうプロ用はシンプルな気が・・・・・。

あと、とっても興味があって、ず〜っといじっていたのがトリマー。ほんとは今いちばんほしいのがこれ。 でも、トリマー、ルーターが一番危ないという声があちこちからひそひそと聞こえてきます。簡単に、かっこいい面取りや溝彫りができるけれど、事故も多いらしいので使う場合は安全第一でいきましょう!

電動工具3今回はありませんでしたが、今、使って楽しいのがエアー工具。バシバシとタッカーで釘を打っていくのってとっても楽しい! いつの日にか、ハーフビルドなんかで、大工さんと一緒に家をつくってみたいと夢を見ているのです! いつかやりたい! うん、いつかやる〜〜!

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪




igokochi1 at 19:33|PermalinkComments(18)日記 

July 13, 2006

東京物語 2

東京物語2

蒸し暑い〜・・・。むしむし地獄大阪からFです。今晩は。

さてさて。賃貸物件はなかなか決まらず。の前回。
希望条件をもう一度見直し。

1・間取り・1LDKで50平米以上
2・眺望

この二つは譲れない・・・・、と思っての物件探しです。
まさか壁をぶち抜くわけにはいかないですからね。笑

第一希望の条件で部屋を見せてもらいました・・・。
そしてあまりの綺麗さにそこで生活する実感がわかない。苦笑
綺麗だけど他に何の特徴もないんですよね・・・。

とっても綺麗で、明るく、リビングは広く、文句言うこと自体罪、という
物件でしたが、道路に面していて、ガラスがすべてすりガラスでした・・・。

1Fは気にならないのだけど、眺望が抜けないことの圧迫感・・・。
私にとっては日当たりよりも断然抜け間が大事だとわかりました。
とてもおしゃれな築浅物件なのにこの辺が考えられていないのが
ほんとに残念でした。緑を植える、とかそういう選択肢は
なかったのかな〜。

ここで見直し。

1.眺望
2・間取り・・・

この条件で再チャレンジです・・・。

目黒らへんをうろうろしている時に入った本屋でとても面白い本を
見つけました。ご存知の方も多いかもしれません。
『TOKYO STYLE』という写真集の作者、都築 響一 氏の作品です。
『賃貸宇宙 上・下』ちくま書房 賃貸宇宙

これ、ほんとに破壊力あります。
大阪、東京の賃貸に住む人々の部屋が垂れ流されるごとく、写真に収められています。インテリアの参考にはほとんどなりません。笑

だけどそこには部屋イコール巣、という何か得たいの知れない強烈なパワーと毒があります。汗や体臭や何か拭いきれないもの・・・
そんなものが溢れていて、知らないうちに引き込まれ、
賃貸宇宙の中に飲み込まれてしまいます・・・・。

ほんとに居心地のよい部屋ってなんなの?叩きつけられるような衝撃を
受けました。

(アマゾンで検索してみてください。いろんな人の感想も読めるのでお勧めです。)

怖いものが好きな人はぜひぜひご覧下さい。毒に当てられないように・・・
潔癖な方は読まないほうがいいかも。・・・
久々に夢中になった本でした。

クマ姉さんバトン有難うございます!むむむ。お題は『仕事』ですか!
む・・・・・・難しい!!みんなで転げまわって悩んでますので、
もうちょっと締め切りのばしてくださいね〜。笑

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

 励みになってます!クリックお願いします♪



igokochi1 at 22:31|PermalinkComments(9)インテリア | 日記

July 11, 2006

東京物語

皆様お久しぶりのFです。ご無沙汰しております。
1月頃にちらり、と書いたのですが、Fの夫jaの転勤で
大阪から東京へ引越しを考えてたのですが、なんやかやと
遅くなり、やっとのことで、東京に物件探しに出かけました。

いろいろとネットでは検索していたのですが、まあ理想的な
物件はなかなか・・・。それにしても東京は賃料が高いですね〜。
びっくりです。横浜も視野に入れての物件探しでしたが、
難航・・・。
多分私の条件がマニアックなんでしょう・・・。
不動産屋さんにもなかなか理解してもらえませんでした。
古くても汚くてもいいから広い1LDK。リビングは15畳は欲しい・・・
できれば改装可能だと尚良し。
駅からは徒歩10分以内、広いバルコニーか専用庭がある、もしくは
公園の横などで、街路樹などの緑が窓から見えるところ・・・。

結局理想の物件を見つけるのは足で回って自分で調べて
目をつけた物件に直接連絡を入れて・・・、そんな努力が必要なんだ、
と痛感。忙しい不動産屋さんはこんなマニアックな客、相手に
してくれません・・・。泣

さんざん歩きつかれて、ふらっと立ち寄った不動産屋さん。
若い女性の営業さんがとっても感じの良い人で、マニアック条件にも
すごく納得してくれました!!
彼女が案内してくれた物件はどれも魅力的で、さすが住まいに
興味のある人は違うな〜、と感じました。

住まい、に携わる人たちは、住む、ということに関して興味を
持ってほしいですね。自分が客になって痛感です。

さてさて。Fの東京物語は無事に始まるのでしょうか・・・。
次回に続きます。計画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ決め中・・・。

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

 励みになってます!クリックお願いします♪

 



igokochi1 at 16:57|PermalinkComments(15)インテリア | くらし