October 2012

October 28, 2012

オットマンを作る その2

オットマンの上のクッション部分に合うようにカバーを作ります。

簡単そうです! まー2時間もあれば楽勝でしょう、、と考えたのが甘かった。
裏側は家にあった別の薄い布を使ったりするため、布地のパーツ数はかなりの数に、、、。

121028-3

カットする前に、無駄の無い配置を考えて、向きを考えて計算するだけで一時間以上が経過、トホホです。 それでもようやく布地を切断。
古い古いミシンをだましながら縫製。 いよいよクッションを突っ込む作業。
これにもかなり手こずりました。

あとは脚部に少しの綿をつめながら布をタッカーで打ち付けて行きます。

121028-4

タッカーはホームセンターにある安い道具ですが、これがかなり優れもの。 
大きなホッチキスみたいなものです。 

121028-2

121028-5

これで力を込めてパチパチと綿をいれた布を止めて行きます。
これはかなり楽しい作業。 布を適当に切って打ち付ける楽〜〜でアバウトな作業の割に、出来上がりの見栄えで一人にんまりと出来るのです。

放置されていた残り物の木材と、激安クッションと、半端物をセールでゲットした家具用の布地で作ったようにはみえない?
オットマンの完成です。
全体が映っていないので、写真は明日にでも差し替えますが、出来上がりはこんな感じ!

121028-1


正直ちょっと気に入らない部分もあるけれど、修正はまたあとで。

昨日、今日とウィンドウシートのクッション作りで、朝から晩まで二日がかり。
疲れたーーー!! 2日で、変形シートを含め、7つのカバー作りました。
そのプロセスは、また今週中にアップします!


igokochi1 at 23:11|PermalinkComments(1)DIY | インテリア

October 26, 2012

オットマンを作る その1

下の写真のオットマンはイギリスにいた時にIKEAで購入したもの。

121026-1

なんと20年くらい前の物です。 
つい昨日のような気もするけれど月日は流れ、、、です。

もう一つオットマンが欲しいので作る事に。
基本の形は赤いのと同じ。 
家にあった端材で台を作ります。 台の作者は夫です。

121026-2

裏はこんな感じ。

121026-3

上に置くクッションは、以前にIKEAのレジ近くのアウトレットのようなコーナーで売られていたもの。
なんと一個千円!  たぶん80%引き位かもしれません。
何かに使うだろうと、6個ほど購入した一つを使います。

121026-4

使用する布は、これもず〜〜っと以前に大阪の家具屋さんの社員向けセールで購入したもの。
ソファ用の分厚い生地です。 
これも通常は高価な物ですが、ちゅ〜〜と半端なものを激安でゲットしたものがようやく役に立つ時が来ました。

クッションのカバーを久々にミシンを出してダダーっと縫ったのは先週のこと。
その後、一週間ほどそのまま放置してありましたが、今日ようやく完成!

残りのプロセスと完成写真は明日に!



igokochi1 at 23:47|PermalinkComments(0)DIY | インテリア

October 12, 2012

食器用引き出し その3

引き出しの側板への取り付け終了。

一度、とりだして前の部分の板を取り付けます。

121010-4


これも、いつもより丁寧に測りながらの作業です。

そして一番精度にこだわるのが、取手の位置!!

キッチンユニットのステンレスの板に取手を付ける時は、失敗が怖くて、取り付けを一ヶ月近く保留していた私です。 吸盤を取手の代わりに取り付けていたら、あまりの不細工さにようやくやる気になったものです。 その時は、余っていたコンパネでテンプレートを作ってから穴あけをしました。


今回は四枚の前板をそろえたところで線を引き、 引き出しの高さの中央へ、陶器の取っ手を付けました。


次に、脇の棚を作ります、サイズはここで実寸をはかり作ります。 
棚はダボを使って取り付けるので、いつでも高さ調整OK

珈琲カップやティーカップを置く事にしました。


出来上がりはこんな感じ。 最初、白くペイントする予定でしたが、しばらくは生成りのままにすることで意見が一致(めずらしい?)。 仕上げに、蜜蝋を塗込んでみました。

121012-a

ごく近くから広角レンズでとったので、ひずんでいますが、こんな感じです。

引き出しの中はこんな感じ。 

121012b
奥行きは45cmほど。 もっともっと収納力があるかと思ったのですが、まだまだ収納できない、でも断捨離できない食器があり、さてさてどうしたものでしょうか。


ひとまず、引き出し完成です。 



igokochi1 at 19:23|PermalinkComments(0)DIY | 田舎暮らし

October 10, 2012

食器収納用の引き出し作り その2

最初の引き出しの組み立ては、夫といっしょに、、、。
後の3つは、彼がどこかへいってしまったので一人で組み立て。

引き出しが4つ出来たところで、本体の側板と天板を買いにまたカインズへ。

引き出しのサイズ(実寸)+ レールの厚み が天板の長さになるわけです。
間違いはないはずなのにカットしてもらう時は、いつもドキドキです。 

121010-1

翌朝、ダイニングのテーブルを脇に寄せ、ブルーシートを敷いて作業開始!
外でやりたかったのですが、明け方までの雨でウッドデッキはびしょびしょ、室内作業に。

まず、側板に、アウターレールの位置を鉛筆で書き込み、取り付けます。
いつもは、ある程度適当にやっている私ですが、今回のこの部分はかなり慎重に正確に測り、取り付けました。 
それでも誤差はありますが。
そこは、家具職人ではないので、ま〜いいでしょうーと自分で納得!

121010-2

そして引き出しには、インナーレールを取り付けます。 

組み立ては、夫と二人で。 引き出しのインナーレールを側板のアウターレールに差し込もうとすると、なかなかすんなりとはいきません。 むむ、、、何か違うのか???と思いつつ、思いっきり押し込むと言うか叩き込むと、うまく収まりました。
ちょーっと引っかかるような気もするのですが、ダンパーも正常に作動! 最期の5cmくらいは、ふわっとしまります。

できた、できた、引き出しができました。 

121010-3

せっかく入れた引き出しですが、ストッパーを外して引き抜き、引き出し前面の板の取り付けです。

完成までは、あとちょっと! 続きは 「その3」で、、、。

 


igokochi1 at 00:30|PermalinkComments(0)DIY | 田舎暮らし

October 09, 2012

食器収納用の引き出し作り その1

久々のブログ更新です。

我が家のキッチン、ダイニングエリアはけっこうごちゃごちゃしています。
見せる収納にしているせいもありますが、家具に統一感もないし、暫定的にこうしている、、、と言った感じです。 食器棚はカラーボックスの白を積み上げただけ。

この食器をある程度収納できる引き出しを、窓辺に作る事になりました。
計画は家を作った時からあったのですが、優先順位の上位ではなく、ようやく順番が回って来た訳です。

最初の計画では、大好きなIKEAのキッチン用の引き出しのパーツだけ買い、周囲の箱は自分で作ると言うもの。
ところが、これは思った以上に予算が掛かる事が判明。  IKEAを使う意味(安価でオシャレ)があまりありません。

計画変更!  カインズ、ビバホームで売っている物で作製することに。  
天板と引き出し全面の板は12mm厚の集成材、引き出しは、3段式のスライドレール(ワンセット8~900円位)、 引き出しの本体はMDF、これだけだと重い物を置いたときにたわむと思われるので(MDFは紙とおなじ材質!)18×18の木材で底部を補強します。

プロの家具職人ではないので、精度がでるとは思えません。 
そこで、まず引き出しを作ってから、側板や天板を作ることになりました。

910 ×1,820のMDFから無駄無く材料を取るには、、、、方眼紙にあーでもないこーでもないと図面を引いてみます。

121009-1

カットされたMDF 加工はとっても楽です。

121009-3

これが45cmのスライドレール、フルオープンできるしダンパー付きなので最期の部分は静かにスーッと閉まります。

121009-2

簡単な設計図を描き数値を入れて行くのですが、計算する度に数値が変わる??? 
なんでこんな計算を間違うのかと落ち込みながらも気を取り直し、お買い物開始です。
カットは、ホームセンターのパネルソーでお願いすれば、精度バッチリです!

続きはその2で。



igokochi1 at 13:22|PermalinkComments(0)DIY | 田舎暮らし