デスクの模様替え アンティーク未満、なモノ達2

May 27, 2006

素敵な本がやってきた!

ivyです。

森暮らしの家昨日の朝、アマゾンから本がとどきました。 私は身に覚えなし・・・、celloが注文した本でした。ず〜っと前からほしかったらしいのです。

本の名前は「森暮らしの家」と言うもの。玄関で受け取った私が箱を開け、そのまま読みふけってしまい、うっとりとその世界にひきこまれてしまっています。現在進行形、まだ興奮冷めていません。

その著者のタブチさんがあこがれたのはヘンリー・ソローの「森の生活」だったそうで、森の生活にあこがれて、まず山小屋風の家を高冷地の森の中に建てました。

薪ストーブがあって、今では石積みの半地下の木工室があって、サンルームがあって・・・電気はもちろん来ているけれど、それはそれは美しいオイルランプがある今のかたちになるのには、17年の歳月がかかっているのです。いいな〜。

いいな・・・。石積みと下見板張りの木の家。この本の家は、私の夢の家そのものです。森の中の家で、キッチンガーデンを作り、薪を割り、ちょっとづつ家を作っていく、晴耕雨読の日々。私なら、それに加え温泉があったらいいな・・・雪を見ながら入れる露天風呂があったらもっといいな、でも熊さんが来たらこまるな・・・と妄想は膨らむばかり。

でも、薪割りはきつそう・・・それに、チェーンソー使うこの作業はちょっと怖そう、でもでも実は、ivyこと私、りっぱな斧を持っているのでございます!こんな森の家で薪割りをする日が、いつか来ることを信じて、素敵な斧を10年くらい前に買ったのです、そしてその斧は、新品のまま出番を待っているのです。

ちょっと忘れかけてた私の夢を思い出させてくれたこの本、ほほをすりすりしたいほど気にいってしまいました。今夜も写真を見ながら夢うつつです。

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

励みになってます!クリックお願いします♪



igokochi1 at 23:13│Comments(4) 日記 

この記事へのコメント

1. Posted by とっちゃん   May 28, 2006 08:21
田渕義雄さんの本やないっすか〜!
昔読んでたビーパルの有名人!
この本は、俺にあうかもな〜。
この人にあこがれてアウトドアにはまる人がいっぱいいたとか。
どんな本かな〜。
2. Posted by ivy   May 28, 2006 22:03
とっちゃん、ご存知でしたか!
田渕義雄さんのこと。ビーパルは、我が家でも時々見かけたのですが、私は熱心に見たこと無かったので、しらなかったのです。
この本は、DIYの本っていうわけではないのですが、こういう生き方も、都会の贅沢とは違う種類の贅沢だな〜と思ったわけです。 
私は、寒い地方と薪の燃えるのを見ているのがとっても好きなので、ほれこんでしまいました。とっちゃんは、南の島と、寒い森とどちらがお好きですか?
もし、寒いところも悪くないって考えていたら、この本、けっこう楽しめると思います。
3. Posted by とっちゃん   May 29, 2006 00:16
寒いのは嫌いですが、暑いのはもっと嫌い!!
う〜ん・・・軟弱・・・・。
でも、山小屋チックってのは大好きです。
うちのリビングのちょっと山小屋風??かな???
ちなみに、アウトドアは大好きです。
4. Posted by Maki   June 01, 2006 09:17
ぱっと見た瞬間、とよだみきさんのお家を思い出しました。
いいですね。
まき割りは楽しいですよ。ストレス発散になります。
最近やってないけど、以前は私の仕事でした。チェーンソーは、旦那様にやっていただいたら??うちもそうです。

自然になじむ家っていいなー。うちもこんなお家にしたいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
デスクの模様替え アンティーク未満、なモノ達2