リビング本棚計画!どうするどうするサイドテーブル・・・

October 03, 2006

配線整理でスッキリ!!

celloです。
模様替え1

4年ぶりのクアラルンプールから帰ってくるともう10月です。向こうのマンションの広いのに比べて、我が家のなんと狭い事。

8月から予定やイベントが詰まっていたので、家の中は整理整頓からは程遠く、がらくたや、それでも必要なものがあふれかえって魔窟状態に、、、、。

リフォームショーのセミナーで聞いた風水の話によると、我が家の最重要なコーナーは北西の角であるらしいのですが、ここはオーディオ機器の配線が、とぐろをまいて、ベランダにも出られず、暖炉脇の本棚にアクセスしようとすると、配線を踏んで光ケーブルが外れてテレビは見えるが音が出ずの状態、、、復旧は座り込んで考えあぐね、、、という惨状。

模様替え2それでも週末の一日をほとんど潰して、このエリアからモノを全て排除、、、少しだけすっきりしました。


写真はKLのコンドミニアムのショールームの写真です。中国もそうですが、アジアでは大体コンドはベーシックな白い箱状態での取引、だから、インテリアコーディネーターが仕事をして天井や壁、造り付けの家具などのしつらえをカスタムでやって初めて人が住める状態になるようです。

コンドミニアム=マンションの値段も日本の三分の一(150屬2000万円弱!!)ですが、日本でフルリフォームぐらいのカスタム・コーディネイトが300万円ほどでできるとの事です。


だからイケアの人気も抜群とのこと、ダマンサラのモールにイケアができてから交通の流れも変わり、コーディネイトやインストールを行うサブコントラクターの仕事もいっぱいだそうです。

klカタログ1日本でイケアの30万円ぐらいのシステムキッチンをインストールするのに10万円前後の工事費が掛かるそうですが、当地では2〜3万円でフィッティングしてくれるそうで、友人宅のキッチンも船橋で見慣れた白いカンパーニュデザインのセットでした。

ちなみに、イケアの家具を買って配送を頼むと配達するのと同時に、ごくわずかのコストで組立もしてくれるそうです。

人件費の安い国ならではの事情ですが、なんともうらやましく感じられたことでした。

 

 

 




 

klパンフレット2

- 人気blogランキング参加中 -  

にほんブログ村 インテリアブログへ

どうぞクリックを、お願いします!




igokochi1 at 22:44│Comments(0) DIY 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リビング本棚計画!どうするどうするサイドテーブル・・・