June 22, 2011

ジャカルタの郊外へ、コモドドラゴンとトラジャ族の家

しばらくは、インドネシアで見た事についての話です、、、。

ジャカルタの郊外にマン・ミニ・インドネシア・インダーという総合公園があります。
地元の子供たちの遠足や、観光客がたくさんくる大きな公園です。
広〜いインドネシアには、それはたくさんの民族が住んでいるのですが、その文化や家の紹介、科学に関する事、鳥や昆虫や爬虫類の展示などなど盛りだくさんです。

パプアニューギニアの文化を紹介しているところでは、現地の人が実際に作業をしているところを見てきました。 
お願いすると、いっしょに写真を撮る事ができます。 
こんな感じ。
パプアニューギニアにいってきましたー!!!といってこの写真を友人に見せようかと計画中!

110617-1

110617-2

こちらはコモドドラゴン、まるで恐竜時代からの行き残りのようです。
にわとりetc.をたべるのだとか、、、。
とても空いている時間に行ったので、係の人がさわられてくれました。
さわってみると、やはり皮膚は固いのでした。 
こんな感じか、、、、なんて観察していると、ゆっくりと、私の方へ向いてよってきます。 

恐わくはないけれど、ちょっと引いてしまうのは、やっぱり彼が肉食動物で、日本語も通じなさそうなため。 
表情見ても、機嫌がいいのか、切れそうなのか、、、さっぱりわからないせいでもありました。

110617-3

この家は、どこかで見た事があることと思います。
そう、トラジャコーヒーの袋とかにある、あの家です。
外は炎天下でも、分厚い屋根(なんの植物で葺いてあるのかな?)の下、高床式の家の中はかなり快適でした。

次の日は、ジャカルタから南東へ200kmほどのバンドゥンへ。


ブログ村に参加しています。
どうぞよろしく
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

にほんブログ村

igokochi1 at 23:45│Comments(0)日記 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字