October 31, 2011

IKEA1977のカタログ

昨日、奈良にお住まいの友人ご夫妻をたずねました。

塗料の缶のモデルにもなった素敵なお宅は、緑あふれる丘陵の一画にあります。


ご主人と夫は、車の話で盛り上がります。 とても楽しそうなのですが、女性陣二人には???ということも。

4人共通で好きな物、それはIKEAです。 ということで、イケアで購入したものを見せていただいたり、話はつきないのでした。


と、そのとき、ご主人が手にした物を見せてくださいました。

それは、IKEA Catalog1977!!!  なんと34年も昔のものです。

大阪心斎橋のそごうが扱っていたのですね!!

111030-3

そして1981のカタログと、表紙がないカタログ(多分1980年代)のものもあります。

しばらく貸していただくことに! IKEAファンにとってはほとんど古文書みたいなものです。


写真は一番古い1977のカタログ。

111030-7

111030-6

デザインは時代を感じますが、やっぱり北欧家具らしく、シンプルで時代を経ても、なお魅力的です。

「いいイスは高いとはかぎりません」と書いてはありますが、当時としては、かなり高級品だった事がわかります。

34年経った今とくらべると、かなり高い! 額面だけでも、3〜5倍くらいでしょうか?

当時の円の水準や、物価を考慮すれば、さらに高い訳で、かなり高価な家具だったことがわかります。

当時IKEAが日本で広く普及しなかったのは、自分で組み立てなくてはならないため、、、だけではなかったのだなと思います。


おお!!!PAXシリーズは当時からあったのだ! 30年以上かけて、進化しているな〜。 と興味津々です。

111030-4 


BILLYはまだありません。81年のカタログにはあるので、この間に登場したようです。


かなりのシリーズが初めて見る物です。 淘汰されて消えたシリーズが数多くあることがわかります。

まるで、生物の進化のようです。 環境に適応し形を変えつつ生き残る少数のシリーズ、数億年、じゃなかった数十年ほとんど形を変えずに残るもの、

そして化石ではなくカタログにのみ姿を残し、消えていったシリーズがほとんどだということ、、、。


貴重な資料を眺めていると、秋の夜は更け、日付が変わっているのでした。


1981年カタログは、近日公開です!!
 


にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

igokochi1 at 08:05│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字